the black echo

FF14β:眼下の敵

FF14は中国でもサービス開始するそうで。で、サーバーは中国IP専用。
うちからのリリースが端折られて伝わってるみたいですが、XIV中国語版は、中国の法律により中国国内の独立したサーバーで運用される、日米欧版とは全く異なる別のサービスです。まだ先の話ですし、皆さんとは一切接点無いですよ。@たなP
動物園・・・

グローバルサーバーはすでに中国からの通信はIPブロック済み。なのに何故RMT業者が入り込んでいるかというと、彼らは国外の回線経由でアクセスして来ているか、そもそも中国では無いかのどちらか。何れにしても徹底して潰し続けます。@たなP

いや、単純に国内にプロキシあるんじゃね?

何年か前、リネ2で日本国内にプロキシ立てて中国からのアクセス中継して、リネ2のサーバー落として捕まった中国人@日本留学生いましたよねー。電子計算機損壊等業務妨害で起訴して有罪まで行ったと思う。ついでに無断でプロキシ立てたことは、電気通信事業法違反だったはずだ。

問題は、上のリネ2みたいにサーバー過負荷でコカしたから逮捕まで行けたけど、綺麗に分散されたら無理だものね。RMT行為自体を違法とする法的根拠ないし、規約違反はせいぜいアカBAN止まり。
そのアカウントだって、ハックで次々手に入れるだろうし。法的根拠が明確で無い限り、地道な赤バンで対処するしか。

もっとも根本的な問題として、「キャラデータは会社のものか、ユーザーのものか?」をはっきりしないと。
キャラデータが個人の物なら、どう処分しようがかってなので、システムがRMT行為を規約で禁止し違反者をバンしても、規約自体違法状態になる。中国とか韓国では個人のモノという判決がでてるらしい。システム的には厄介だね。日本国内では判例あるのかな?
[PR]

by svetlana | 2010-09-17 08:43 | FF14

<< FF14:もうすぐ本番 FF14β:げんじつ!! >>