the black echo

でじゃヴゅ

カメラ屋いってたら、中古の三脚発見。
8800円の激安。即確保。
d0062535_15525727.jpg
あれれー 何処かで見たような・・・
d0062535_15561162.jpg
家にあるじっつおちゃんと、ぼろさ加減も含めてそっくりです。
ジッツオと書いてある三脚をみたら買うという脊髄反射行動でした。

Gitzo Gilux ReporterPerformanceです。右が今回買ったモノ。
d0062535_1621022.jpg
もともと持ってたのが3段で、今回買ったのが4段。開脚ノブとかの仕様もすべておんなじなので、同年代のブツと思われます。
4段のほうが全高が低めですが、足伸ばした高さは115cmと同じ。足の直径は28mmなので、現行品でいうとシリーズ2くらいでしょうかね。1.5キロくらいのクソ重い鉄の塊です。概観はとんでもなくぼろぼろですが、各部はしっかり動作してます。多少ぶつけようが頑丈さがいいですね。
d0062535_1661233.jpg
今回ついてきた雲台はかなり大きめ。台座が3脚のベースプレートよりはみ出してます。6×9とか645とかのカメラを載せてたんでしょうか、カメラ台座が異様にデカイ。
d0062535_1691174.jpg
左が今回買ったモノ。固定ねじも大型カメラ用のいわゆる「大ねじ」3/8inchがついてます。
む、困った。普通にカメラつけられない。右の1/4ねじは非正規品。もともとついてなかったので、ハクバのねじ買ってきて、ボルトで引っ掛けてあります。

d0062535_16102896.jpg
この3脚のぼろさ加減をみて「1年戦争生き抜いたザクってかんじっすね」と言った人がいました。1年どころか20年くらいたってると思います。

普通の1/4インチねじを何処かでひっぱってこないとなー。 でも、家にあるものでなんとかならんものか。(←またわき道にそれるし)
[PR]

by svetlana | 2012-02-19 16:27 | Photo

<< ありがちな展開 K君のこと >>