the black echo

新生FF14トレーラー第二弾


こんなものが上がっていること、すっかり失念しておりました。

いつものプリレンダカットシーン”だけ”のやつです。
そんなものが全く信用ならないのは、1968年3月南ベトナム・クアンガイ省ソン・ティン県ソンミ村の住民並みに悟っていますので、心底”どうでもいい”
ええ、もうカットシーンはいいから”改善されたプレイ画面みせろ”と言いたい。

情報小出しで期待感煽る、という前世紀のマーケット手法にのっとってるんでしょうが、彼らはパッケージをフルプライスで売りつけておいて、期待されたサービスを提供できることが出来ません、と一度白旗あげてることをスッカリ忘れているようです。単に詐欺です。そのうえ運営費を出せと。月額課金しないとフォーラムに文句を言えなくするという、泥棒に追銭。

ゲーム中のクエや戦闘等のシステムにも見て取れるんですが、彼らは”どれだけユーザーを不愉快にできるか?”を競い合ってるのは間違いありません。もちろん彼らは”不愉快”にしてるという自覚がありません。”試練を与えてやってる”という謎感覚です。それがゲームだと思っているようですが、そう思わない人が大多数なのは、全世界に60万パッケージ出荷して同接12000人という数字が語っていますね。

そんなマイナス100からの評価スタートなのに、まだこんなくだらないムービーに金使ってユーザーを不愉快にし続ける姿勢を見るに、新生も大した期待はできないようです。ユーザーに成功確率の低い”作業”を繰り返しさせることが”冒険”だと勘違いしている内は、無理でしょうね。

中共に視界1mの砂嵐吹きすさぶ砂漠の一本道路を竹箒で掃除させるという刑罰があります。
延々と砂嵐吹いているので、きれいになるはずもありません。それを刑期満了まで毎日させるのです。
FF14はそういう刑罰なのです。
[PR]

by svetlana | 2012-08-12 08:11 | FF14

<< とうきょうにはそらがない 一転にわかにカキクモリ >>