the black echo

インスタンスダンジョン/コンテンツファインダーの話。

FF14にIDと略されるインスタンスダンジョンというものがあります。
単純に言うと、一つのPTメンバーだけのダンジョンで、他PCは入れません。独占。ドラクエ10ユーザーなら魔法の迷宮とよく似たものと思ってください。ただしアレみたいに一本道全員ぼかすか殴って10分で終了とかではありません。大抵のIDは攻略要素があります。

ナンデそんなものが実装されたかというと、FF11ユーザーなら体験してると思いまが、いわゆるLVあげでモンスターを延々とフィールドで狩り続ける&狩場独占でオオモメとか、レアドロップ狙いのNamedMonster4時間POP待ち&取り合いでギスギスとか、そういうのを一気に解決するためのシステム。1PT独占のダンジョンなら取り合いとかないし、POP待ち何て存在しない。敵はそこに絶対いるんだから。空いてるかわからん狩場を目指して延々チョコボ走らせるよりいいよね。

次に問題になるのはPTメンバー集め。これまたFF11ユーザーなら体験してると思いますが、都市で延々とメンバー募集シャウトしたり、キャラサーチで盾POP待ちとか白待ちとかで2時間3時間つぶしたり。無駄でしたよねぇ。勢いLSとかで固定メンバー組んだりして、余計に野良PTに出てこなくなったり。悪循環。
某B「簡単。シャウトすればいいじゃん。」
私「いやさ。なんかこう、恥ずかしいやん!あなたみたいに全自動フレ収集機みたいならともかく」
某B「なにそれ?」
私「何でもございません。でもよくストーカーがあらわr」
某B「人にめんどくさいメンバー集めさせといて」
私「ごめんなさい。すいません。ですが、集めるだけ集めて後のクエ攻略説明とか道案内とか丸投げするのは勘弁してk」
某B「は?」
私「すいませんごめんなさい私は犬ですゴキブリです」
正直某Bの人にはずいぶん助けてもらいました。そうじゃなかったらジュノの隅っこで丸くなって樽になっていたことでしょう。

ソウイウ中二病をこじらせた自称孤高の人(ただのコミュ障)の方のためのシステムがCFと呼ばれるコンテンツファインダー。こいつは自分がやりたいID(クエストのボス戦とかレアDrop狙いの周回とかLVあげとか)に参加JOBで登録しておくと、全サーバーまたがって残りのPTメンバーを機械的に探してくれて、全世界どこからでもIDの場所までワープ(というか突入)してくれるという、超絶ステキシステム。盾1回復1アタッカー2(FF14は4人PTです)を自動で探してくれるのです。クエストのダンジョン入口で列をなす、この壁サークル1時間待ち!なのは完売!とか、そういうのは無し!

余談:βテストで私はCFの意義を理解せず、いちいちクエダンジョン前まで行ってました。これはこれでいいところがありまして、say「初見の方ok!一緒にやりませんかー」とか、そういう童貞君を優しく誘導してくれるステキなお姉さま(ガル♂)とかいたりします。そうやってPT4人集めてIDに突入するのもアリです。

CF/IDは普通のLV上げにも使われます。ファーストジョブはクエスト/お使い系をコツコツこなしていけば、どんどんLVが上がっていきますが、他JOB/クラスをLV1から上げようとしたときは、そういうクエストはもうありません。旧来のMMOなら雑魚モンスを延々狩り続ける作業をしなきゃですが、CF/ID使えばいいのです。眠いのにこのPT解散できないなーとか、現地行って狩場が空いていない!とか、ソウイウ悩みは心配ゴム用!他にもリーヴとか討伐手帳とかLV上げに使えるコンテンツもあります。

あと一つの効能。それは業者Bot対策。フィールドで延々とスクリプトBotでLV上げ&金稼ぎNM独占をつぶす目的もあるんじゃないかと。普通のユーザーは業者BOTに狩場独占されることもない。レアドロもしかり。その内業者も考えるだろうけどねー。

もちろん弊害もあります。
盾やヒーラーは1分そこらで即マッチング(PT構成完了)しますが、アタッカー登録だと延々と待ってることがあります(でも30分くらい:その間は生産とか採集とかしてればいいんですけどね。) LVあげPTでフレ登録とかしたりの交流がありますが、CFだと全サーバーから人が来るのでフレが作りにくいというか遠慮する雰囲気。初見の人とマッチングしたら経験者はイライラ。逆に無言経験者とマッチングしたら初見やビビリな人は緊張で手に汗握るミス連発とか(私だ) でも、PT集めとか狩場探し&移動のめんどくささを考えたら、CFの方が楽と思います。もちろん従来のフィールドで狩りってのも出来ますけどね。CFの楽さ加減しったらためらうね。

ま、そんな感じのCF/IDです。ドラクエの魔法の迷宮みたいに、いかなくても構わない、じゃなく、クエストーリーで必ずCF/IDを使います。FF11のBFをもっとお手軽にした感じで思っていただいたらいいかと。

d0062535_0263486.jpg

長々と前置きしましたが、以下私のID体験。
・同じIDを延々とやってる方(LVあげやレアドロ狙い)と自動マッチングすると、経験アリ前提なので初見の私がウロウロするのを「何こいつ?」見たいな視線が画面から湧き上がってきます。
・お手軽っぽいダンジョンですが、ちゃんとお約束がありますので、ソウイウのが解らないと死にます。事前学習は必要。
・主に幻術士(ヒーラー)で行ったので、役目はケアルポチポチなのですが、アタッカーの人(FF14でがDPSといいます)が盾(FF14ではタンクといいます)が叩いてる敵以外を個別に叩き始めて、ヘイト(FF14では敵視といいます)とってポコポコHP減り始めて私そっちにケアル→う、ヘイト集めて私がやばい!タンクが死にそう!とか。よくありました。タンクが指導すればいいんでしょうけど、ほとんどソウイウの無し。死んだら多分ヒーラーな私のせいのふいんき。
・呪術士(魔法使い)で行ったとき、ボス+雑魚複数敵出現。私が片っ端から雑魚寝かせてると盾の人が「雑魚つぶしてー」イヤイヤ、私タゲ取ったらヒーラー大変ジャン。あなたタンクじゃなくやわらか戦車でしょ?ヒーラー間断なくケアルしてるよ?フラッシュしろよ。雑魚のヘイトとれよ!自己ケアルは?ああ、ヒーラーが殴られ始めた。てかヒーラーなんで明後日の方向に逃げるかな!タンクがタゲ取れないじゃん!じゃなくてータンク!フラッシュしろよ!ほらカー君にタゲ取られてるよ?(巴術士は今回初実装なので人気、DPS枠は必ずカー君入る)ああもおおお、ヒーラー逃げまくりの追いかける敵寝かせた。もうめんどくせーボスにガンガン行こうぜ、と、魔法浴びせて倒したら雑魚も消えてID終了。なんだ。初めからボスに全力攻撃したらさっとおわったんじゃん。

初見君がえらそーに愚痴っていますが、これはどのMMOでも同じですね。経験がモノを言う。プレイヤースキルが試される大地。ドラクエ10のぬるい世界に浸かってた私には目が覚める思い。
d0062535_2114612.jpg
↑一度は言ってみたいセリフその56 (詳しくは 動き理解した? でぐぐれ)


とまあ、CF/IDは新生FF14での超絶世界初新機能みたいな書き方してますが、2010年以降開発のMMORPGは大抵このシステムがついています。逆にない奴はスカというか、旧来MMOの問題を引きずったままのUNKOゲームと判断していいでしょう。あとほしかった機能は、サーバーは固定制じゃなく、チャンネル制(どのサーバーでもいつでも移動できる。特定エリアが混んでるとかなら、そこで取り合いするより空いてるサーバーにさっさと移動する。システム側からすれば、過疎ればサーバー減らせばいいし、混んで来たら増やしたらいいという)だったらもっと良かったのですが。同機能実装済みのDQ10で恩恵にあずかりまくってたので。

最後にまた余談:昔blogに書いた旧FF14のpost見直してたんですが、ほんとまあ「ぼくがかんがえたさいきょうのおんらいんげーむ」なシステム満載で、結果はMMOどころかゲームにさえなっていなかったのが悪い思い出。
ゲームシステムもそうですが、プログラミング技術、サーバー技術も幼稚園児レベル。よくあれでリリースする気になったものです。結果プロデューサーは退社、ディレクターは表舞台から消えました。新生FF14において、旧FF14の痕跡は都市設計などにわずかに残っていますが、ゲームシステムやフィールド設計、クエ導線など、すべて一新かつ「まともに遊べるレベル」まで持ち直しました。他と比べてすごい!のではなく「やっとこ普通に」なったのです。今までがひどすぎたんで大甘採点ですが、”なぜそれを実装したか意味不明”な所は今のとこ見当たりません。

どんなゲームでもそうですが、「画期的なシステム」とか「誰も考え付かなかった機能」なんてのは世の中に存在しません。誰でも思いつくけど、意味がないから実装しなかっただけで。”ひらめき”と”思いつき”の区別がつかなかった不幸の集合体が旧FF14。今はもうまた河豚が表に出てこない事をひたすら祈るばかりです。

というわけで、新生FF14は現在のところ、きわめて普通の国産MMORPGになっております。
そろそろFF11も限界だのう、と感じてる方、DQ10ヌルスギて詰まんないてーゆーかあのローポリが耐えられない!という方、やっぱ外国産MMORPGはあかんね、精神構造が違い過ぎてついていけん、とか、重課金にもう耐えられない!とか、英語ばっかでわからん!外人と会話できない!とか(日本語サーバーと外国人サーバーが「推奨」という形で別れています)そういう方いらっしゃい。1年くらいは遊べると思うぞ!(これは個人の感想で感じ方には個人差があります)
[PR]

by svetlana | 2013-08-23 07:42 | FF14

新生FF14 オープンβ終了 >>