the black echo

2010年 07月 27日 ( 1 )

世紀末オカルト学院

が楽しみで生きていく希望が湧いてきました。

”「エキセントリックな行動をする美少女にロックオンされて俺をグイグイ引っ張っていく」みたいな受身な妄想が大好きですよねー。”はい、大好きです。草食系男子の永遠のテンプレ妄想です。

で、黒髪ロングニーソで絶対領域なドS少女に踏んでもらいたいとか、椅子になりたいとか、そういうおヘンタイさんホイホイな主人公少女、ローヒールはいけません。もうちょっとハイヒールにして欲しいんですけど。ええ、出来たら6インチで。

内容はオカルト雑誌「ムー」監修 とか、どこのネタですねんって位全編ネタだらけ。皆知ってるオカルトネタでヒト騒動とか、毎回そんな感じ。基本ギャグ?いや、一応シリアス展開もあるようですが、ソンナ伏線回収する気あるのだろうか。
厨2病設定満載ですが、それらを深く掘り下げていくわけではありません。「ああ、そう言うのあったよねー」って楽しむくらいで、多分小中学生のころに必ず通ってるオカルト洗礼を思い出してニヤニヤする、というのが正しい視聴態度かと思われます。某ABみたいに深読みとかどうでもいいし、いやいやソコに死体あるだろう、いいのかほっといてさー。ソレ人骨だろうに!バリバリ踏むかお前!!とか、そういう所は突っ込んではいけません。

あと、メイン黒髪ドS少女以外に是非ハイヒールで踏んで欲しい女教頭センセーがいるのですが、声優が「残念な美人」でおなじみの小林ゆう。無駄に声がエロいのでOK。あ、どう残念なのかはググれ。はじめは小林ゆうでアンテナに引っかかったこのアニメですが、意外にアタリでした。
とまあ、あちこちスイッチ押されまくりなので引き続き見ることにしよう。
て、第4話は「モスマン」とかいってたけど、今の10代には解るネタなのか?

d0062535_9454018.jpg
上のキャプ。コラじゃありません。ちなみに前回のキーワードは「カレー」でした。解ってやってるなお前ら。
[PR]

by svetlana | 2010-07-27 08:24 | メディア